123456789101112131415161718192021222324252627282930
  1. 岡野屋旅館プロジェクト
  2. » 2014月06日 の記事
--
--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09

岡野屋旅館プロジェクト2014 計画概要  

岡野屋旅館プロジェクト2014 計画概要

今年度の岡野屋旅館プロジェクトは、ご協力いただく町の方々、
プロジェクト有志と協議しまして下記3つの計画を中心に行っていく予定となりましたので、お伝えします。

3つの計画
1、生活とアートの関わる計画 
「木彫作家 勝部梓氏のアーティスト・イン・レジデンスの企画立案、制作
/アート・ブリッジ1301事業のひとつとして」

2、岡野屋旅館という場からの発信計画 
「写真家・映像作家 青地大輔氏による建物への作品投影」

3、アートから文化への実験計画 
「勝山はりこ の制作」

(概要は下記。追って情報はupしていきます)

岡野屋旅館プロジェクト及びLiving in Arts Projectにとって、
アートとは、いま、ここで「生きていく中でのモノの見方と行動」である、
との解釈のもと、1年1年、出来ることを出来る範囲でやっていく 
という当初からの基本スタイルで今年も行っていこうと思います。

去年に引き続きプロデューサーの北川氏とともにプロジェクトを進行してまいります。
また、制作有志の方々も引き続きご協力いただき、プロジェクトチームで活動していきます。

いろいろとお世話になるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

高本敦基

~~~~~~
概要 詳細は追って告知いたします。

1、「木彫作家 勝部梓氏のアーティスト・イン・レジデンスの企画立案、制作」

勝山が岡山県の文化事業「アート・ブリッヂ1301」のアーティスト・イン・レジデンス事業会場
の一つに選ばれ、その企画立案、制作を岡野屋旅館プロジェクトのメンバーが中心になって行います。
〔概要]
・アーティスト・イン・レジデンス
 内容:木彫作家 勝部梓氏が勝山町並み保存地区に滞在し、真庭の木を用いて公開制作する。
期間:7月中旬から約2か月間
 場所:山本町駐車場→中町の空き店舗→勝山文化往来館ひしお中庭
(制作段階に応じて制作場は変わります。)
・展覧会
展示期間:現在調整中 9月から10月にかけて
場所:勝山文化往来館ひしお
・ワークショップ
10月4日(土)、5日(日)『勝山体験クラフト市』期間中。
場所:旧岡野屋旅館玄関前
詳細内容は、勝山体験クラフト市の各種情報媒体に掲載される予定です。
・トーク・イベントも計画中です。追って告知します。

2、「写真家・映像作家 青地大輔氏による建物への作品投影」

勝山文化往来館ひしおとのコラボレーションの企画「勝山映像フェスティバル」の展示として、
東京工芸大工の古川タク ゼミの町並み映像マッピングと共に旧岡野屋旅館建築に青地大輔氏の映像が投影されます。

投影日:8月22日(金)、23日(土) 夜
場所:旧岡野屋旅館建築
(勝山映像フェスティバルとして、同時に町並みに東京工芸大学制作のマッピングが展開されます。
また、日中、ひしおには映像作家の展示も行われます。是非お越し下さい)
詳細は、印刷物等告知でお伝えします。

3、「勝山はりこ の制作」

アートが文化になるためには、どうしたらいいか。 
全国のアートプロジェクトやアーティストをはじめ関係者の方々と
交流させていただき、その中で出てきたアートへの問いの一つです。
岡野屋旅館プロジェクトでは、今年、その問いに挑む一つの実験として、「勝山はりこ」を開始します。

アノニム(個人匿名)な制作を通じてこの地域の文化の一つとしての広がりをゆるやかに目指します。

勝山はりこ
・制作ワークショップ&会場整備 5月より始めました。 
・展示&体験ワークショップ
10月4日(土)、5日(日)『勝山体験クラフト市』期間中。
場所:旧岡野屋旅館玄関前
詳細内容は、勝山体験クラフト市の各種情報媒体に掲載される予定です。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。